旅とグルメ、日々のこと

ホテル滞在記〜Dorsett Shanghai(上海帝盛酒店)

GWの上海、宿泊したのはDorsett Shanghai。香港本社のDorsett Hosipitality Internationalというグループの経営するホテルです。Doresettグループのホテルは今回が初の宿泊でした。

手前はボールルーム等がある建物で奥が客室棟20数階建でした。

f:id:jasminetravel:20190519230141p:plain

アクセス・ロケーション

地下鉄2号線世紀公園駅の4番出口に直結の便利なロケーション。

上海市の東、浦東新区にあります。浦東国際空港まではタクシーで45分くらい(189人民元≒3000円)でした。空港から2号線で1本のようです。

また東方明珠タワー最寄りの陸家嘴駅までは地下鉄2号線で3駅、外灘最寄りの南京東路駅までは地下鉄2号線で4駅といずれも地下鉄で15分圏内です。(駅からの徒歩は除く)

ホテル前の横断歩道を渡ると、外周5kmのとっても広い世紀公園(Century Park)があります。緑いっぱい。中心地ももちろん便利で良いと思いますが、喧騒を離れてホッとできる立地にあります。

フロント・チェックイン

小さめのフロント。片言の英語でちょうど良いくらいでした。チェックイン・チェックアウト共にスムーズな対応でストレスはなし。

お部屋

17階、1704で端っこのお部屋。パークビューのお部屋でしたので、お部屋から世紀公園の景観も楽しめました。驚きなのが、このお部屋ベランダというかテラスに出られるのです。17階より上階はテラスがなかったので、ベランダに出られる最上階。遠くに高層ビル群の遠景も楽しめました。

部屋の造りはゆったり。エントランス横にシンクとミニバー通路を挟んで反対側にはカウンターと椅子。全体的に白を貴重に赤い椅子がアクセントになっています。

f:id:jasminetravel:20190519221146p:plain

デスクもガラスのテーブル。日記やブログを書くのには十分は広さでした。

f:id:jasminetravel:20190519221438p:plain

ダブルベッドの左右にもスペースたっぷり。

f:id:jasminetravel:20190519220825p:plain

バスルームの手前のクローゼット横にもお化粧用?のカウンターと椅子が。

f:id:jasminetravel:20190519221645p:plain

バスルーム

シャワーカーテンがなくて、ガラス製のパーテーション。バスタブの半分より短い。シャワー位置の高さや角度が変えられず、結構水が飛びました。パーテーションの手前はお手洗いです。

f:id:jasminetravel:20190519221946p:plain

細かい所に荒さが目立つ施工。一番困ったのは、下水の何かが滞っていて日を追うごとに臭いが。今思うと、5月初めで17階だったのに蚊がいたのも、外から来たのではなくて中から発生していたのかも、、、唯一のマイナスポイント。

アメニティ

可愛いイラストが付いたオリジナル。バスジェルとシャンプーしか使いませんでしたが、普通に使えました。

f:id:jasminetravel:20190519222442p:plain

朝食

中国も4連休になったので、宿泊客が多かったのか、朝食会場は2つに分かれていました。ビュッフェ台が置いてある方のレストランは中国人でわちゃわちゃしていましたが、宴会場が急遽朝食会場になっていたようで、窓の外には世紀公園が見え、そちらはしっとりとしていました。

品数はそれほど多くはないですが、洋食・中華料理と一通り揃っていました。昼も夜もしっかり食べるので、食べ過ぎないようにと思ってもどうしても欲が出てしまいます。炭水化物は点心に終始してしまったのでパンはいただきませんでした。

2日目の朝食

キャベツ炒め(絶品!)トマトと卵の炒め物(美味!)肉まん・カスタードまん・胡麻団子(絶品!) 

キャベツの塩炒めと点心類が絶品。皮が薄くて中身の具もそれぞれ美味しい。

f:id:jasminetravel:20190519223206p:plain

3日目の朝食

豆苗炒め(絶品!)、花巻(絶品!)

花巻も美味しかったです。この後胡麻団子もいただいた気が。

f:id:jasminetravel:20190519223525p:plain

4日目の朝食

豆苗炒め、冬瓜と人参の炒め物、じゃがいも炒め、花巻とカスタードまん。炒め物と点心の朝食が定着。じゃがいも炒めもシャキシャキで塩加減が絶妙。美味しかった。

f:id:jasminetravel:20190519223718p:plain

ジム

利用なし

朝ラン

2日目は世紀公園の外周5km✖︎2、3日目は東方明珠まで7km。浦東地区は歩道も広くて、東南アジアにありがちな穴ぼこだらけ、ということもなく、安心して走れます。もしランナーの方でしたら、このホテルに泊まったら、ぜひ世紀公園の外周ランをしていただきたいです。

f:id:jasminetravel:20190503221337j:plain

お値段

5/1〜4の3泊4日で1606人民元(≒22,510円)でした。これは破格だと思います。バスルームの臭いを除けば、すべてにおいて満足でした。

当初、ノボテルアトランティス上海というホテルを予約していたのですが、口コミの内容があまりよくなかったので(決定的だったのが3月下旬宿泊の方の、エアコンが効かず暑くて眠れなかったというもの)、再度探し直してこちらに決めました。

ただ、バスルームの件は割と決定的なデメリットで、リピートに関しては慎重に検討したいと思います。部屋の固有の問題だったのか、ホテル全体なのか。初日、2日目はそれほど気にならなかったので、何か特別な理由だったのだと信じたい。

ベランダからの眺め

下の写真は拡大しています。実際にはもっと遠くに見えます。

f:id:jasminetravel:20190519225151p:plain

f:id:jasminetravel:20190519225749p:plain

その他

お部屋に耳栓が置いてありました。工事でもしていてうるさいのかな?と思ったのですが、そんなこともなく2晩過ごしました。最終日、夜寝ようとすると公園に整列している人々が。時折、号令やそれに呼応する返事みたいな声が断続的に…暗闇で何をしていたのかわかりませんが、ちょっと気になったので耳栓を使用して眠りにつきました。

それからホテル横にはファミマがあり、横断歩道を渡る(徒歩2〜3分)と、大きめなスーパーがあり生鮮食品から生活雑貨まで何でも揃ってます。ちょっとした飲食店やベーカリーなどもあって便利。

全体感

バスルームの臭い問題を除けば、間違いなくリピートします。何と言っても世紀公園に近いところと地下鉄直結なのが良いし、コスパも良い。

もしこの記事を読んだ後に宿泊された方がいらしたら、臭い問題についてお聞きしたいです(笑)

 

ねぎま鍋と築地食材オンパレード

火曜日、築地魚河岸のタコ屋のお客さんのお店に連れて行ってもらいました。

タコ屋のお姉さん(すっかり飲み友達)と会社の先輩、私の大学時代のお友達、という異色メンバーで。1か月半ほど前、大学時代のお友達を連れて築地魚河岸に行った時に、美味しい鮪屋さんがあるという話になり、友達は漫画やイラストを描く仕事をしているので、飲食店の取材方々行ってみたい…という話になったのでした。

私より少し下のお姉さんが旦那さんとやっている小さなお店。グーグルマップの評点が4.6!口コミもよかったし、何と言っても築地つながりのお店!!とっても楽しみにしていました。

乾杯はジャジャーン!

お店からのサービスということで七賢のスパークリング✨日本酒スパークリングは甘いイメージがありましたが、こちらはスッキリ。リピートしたい。

f:id:jasminetravel:20190523061638p:plain

そしてジャーン!お刺身盛り合わせ。この一皿に築地が詰まってます。タコ屋のお姉さんのタコも。他には鮪に、きはた、鯛、生がつお、富山産ホタルイカ等々。ボリューミーだし、新鮮、美味。

f:id:jasminetravel:20190523061833p:plain

山形のアスパラ、あさりの酒蒸し、メヒカリの干物。

アスパラはたぶん私も買っているやつ。太くて茹で加減が絶妙。私はなかなかこの茹で加減にできない。あさりの酒蒸しはスープが、スープが…美味しい。メヒカリの干物はジューシーで飲み物みたいでした🤣

f:id:jasminetravel:20190523062435p:plain

スパークリングも開けました🍾

f:id:jasminetravel:20190523063750p:plain

そして、旦那さんが焼いてくださった名物たこ焼き🐙 わがままで明石焼きとソース両方お願いしました。生地はふわふわ。タコの存在感!!

f:id:jasminetravel:20190523062742p:plain

そしてお待ちかね、ねぎま

f:id:jasminetravel:20190523063025p:plain

太いネギは切り込みを入れればいいんだと勉強📝お出汁も甘すぎず、さっぱりしている。鮪はもちろん、とろけたねぎが美味しい。そして三つ葉!!太くて香りがしっかり。どんどん鮪を食べられてしまう…危険⚠️

f:id:jasminetravel:20190523063113p:plain

雑炊 美味しくないわけがない😋

f:id:jasminetravel:20190523063316p:plain

そしてまさかのW締めで焼きおに🍙

漫画家のお友達は締め切りが…ということで、一足先に帰りました。もちろん夜食用にお持ち帰り。

見た目がなんとも可愛らしい。このお米は山形・つや姫。タコ屋さんでも週末にこのお米で作ったおにぎりが売ってます。

f:id:jasminetravel:20190523063440p:plain

お料理は、タコやのお姉さんが、昭和っぽい鍋とつや姫の焼きおにぎりのオーダーだけしてくれていてあとはお任せでした。この他ビール1本と日本酒もトータル4合くらいいただき、(写真撮り忘れ😢)サービスしてくださったとのことですが、びっくりするくらいリーズナブル。

旦那さんが音楽をされているようで、最後は貸切状態だったので、即席ミニライブも🎶

築地食材を見事に調理されて、すべてが美味しい。なのにとってもリーズナブル。お店のご夫婦もとっても良い方でした。

4人がけテーブル2つとカウンター5席の小さなお店なので、店名は伏せておきますが、もし行ってみたい方はコメント欄等通じてなんらかの方法で✨

大満足だったので、築地繋がりでもっとお店を開拓しよう!と相成りました。

 

上海旅の準備

GWの上海旅行、事前に準備をしたのは以下の通りです。

1)ネット環境を整える

中国ではインターネットの制限があり、今やライフラインの一つとも言えるLINEもGoogleもインスタグラムも使えない(らしい)。

中国で制限されているこうしたアプリを使うにはVPNというサービスを使って他国のサーバーに接続するといいようなのですが、私にはちんぷんかんぷん。中国でのVPN事情はこちらが詳しいです。

中国でのネット事情について調べると、このVPN接続の情報が多いのですが、SIMフリースマホならば、難しい知識もいらず、SIMを入れ替えるだけで日本にいる時と同じようにアプリが使えます。私は断然こちらをオススメします😊

私が購入したのは、ChinaUnicomのSIMです。アマゾンで1080円でした。SIMフリースマホの場合でも、事前にSIMロック解除が必要ですのでお忘れなく。

私の拙い説明でよろしければこちらを参照ください。

f:id:jasminetravel:20190413183155p:plain

初めの頃は自分でSIMを入れ替えて使うのに不安を覚えていたのですが(設定とか難しいのかな?と)、特に難しい設定なども必要なく接続できてしまうので初心者でも問題なしです。上記のSIMには簡単に接続方法が書いてあります。

上海にいく前には、このSIMを使ってもネットのアクセス制限には引っかかるのかと思っていたのですが、結果、まったく問題なしでした。SIMの差し替え用にSIMピン、あるいは安全ピン(ゼムクリップ📎)をお忘れなく。

*中国の方針は、刻々と変更されるようです。ここに記載の内容は2019年5月時点のものです。中国政府の方針変更により、上記SIMでもネットのアクセス制限に引っかかることもありうるので最終的には自己責任でお願いします🙏

 

2)Wechatアプリのダウンロード

私は上海にいるお友達とのやりとりがあったので、Wechatをダウンロードしました。

もし上記のように現地でSIMを使えない場合は、同行者とのやりとりに、また日本でどうしても連絡をとりたい人との間でお互いにWechatをダウンロードしておくと便利かもです。

使い方はほとんどLINEと一緒ですし、日本語アプリなので他のアプリをダウンロードするのとなんら変わりません。現地でフリーwifiのみを使う場合などに重宝すると思います。

f:id:jasminetravel:20190413183444p:plain

3)銀聯カードの発行

これは趣味の問題でもあるのですが…

中国では日本以上に電子決済が普及していて、ほとんどの支払いはWechatPayやアリペイなどのスマホ決済で済まされるとのこと。ただし、こうした決済方法は一般の海外からの旅行者には開かれていません。

中国でこうしたスマホ決済が普及している背景には、偽札の不正使用があり、現金は敬遠される傾向にある、さらにはクレジットカードも、ホテルなどを除いては、VISAもJCBマスターカードも使えない場合もある、とのことでした。

今回、お友達がいるので安心ではあるけれど、仮にもお金のことで迷惑もかけられないし…ということで、日本で発行できる銀聯カード(三井住友銀聯カード)を試しに作ってみました。

年甲斐もなくパンダちゃんの図柄をチョイス

f:id:jasminetravel:20190522072129p:plain

プリペイドカードとクレジットカードがあるのですが、日本で作った銀聯プリペイドカードが使えなかったという情報を読んだので、クレジットカードをチョイス。

ネットで申し込むと1時間以内には審査が終わり、1週間以内には手元に届きます。急な出張や旅行にも対応できるようスピーディーな発行がウリのようです。申し込んで5日目には送付されてきました。発行手数料は無料です。

現地では、VISAも使えただろうオークラ(ガーデンホテル)の日本食レストランで試しに使ったのみでした。空港のDFSではもちろんVISAが使えます。

今回、観光ではほとんどのお支払いをお友達がしてくれたので、自分で支払う場面はほとんどなかったのですが、コンビニなどでは普通に現金が使えましたし、決済で困った場面はありませんでした。

 

 

日曜日のランニング〜若洲公園まで17km

昨日は築地朝活だったため、朝時間がなくて、ブログの更新ができませんでした。用意していた記事もあったのですが、それは後日。

ということで日曜日のランニング。

左の大腿筋(なのか腱なのか)が痛いのですが、動作の初動が痛いだけで(立ち上がった瞬間、走り始めた瞬間等)、同じ動作を繰り返していると痛みは感じない、ということでゆっくりペースで走ることにしました。

去年もGWに走って気持ちよかった若洲公園にずっと行きたいと思っていたので、トライしてみることに。去年の記録では行って帰って17km。普段はMAXで12〜13kmしか走らない私にしてはハードルが高い。そして若洲公園まで行ってしまうと少なくとも新木場駅まで3kmくらいは交通手段がない(万が一気が萎えた場合。一応都バスも走ってるけど…)陸の孤島(大げさだけど)。逡巡しながらも走り始めました。

若洲公園の爽やかなイメージを想像しつつ軽やかに走っていたのですが、新木場駅を超えたあたりでみるみるうちに黒い雲がわき始め雨が降りそう。早くも気持ちが萎えてきました。

f:id:jasminetravel:20190521052609p:plain

この先、こんな曇天の中走ってもなぁ…と立ち止まって、accuweatherで天気予報を確認するけど雨は降らなさそう…遠くにうっすら晴れ間も見えるし、ということで萎える気持ちを振り切って走りました。

若洲公園に近くにつれ、少しずつ雲も薄くなっていく。

f:id:jasminetravel:20190521053048p:plain

東京ゲートブリッジ越しに羽田に降りる飛行機✈️

f:id:jasminetravel:20190521053249p:plain

北九州から飛んできたやつだ…とかしばし飛行機を観察✈️

f:id:jasminetravel:20190521053342p:plain

その後芝生でしばらく休憩 。2〜3分おきに、次から次へと飛行機が飛んできて見放題✈️✈️✈️飛行機好きにはたまらないスポット。すっかり晴れてきました☀️😊

f:id:jasminetravel:20190521053524p:plain

スマホで撮ると小さく見えるけど(下の写真は拡大で撮影)、肉眼ではどのエアラインかわかるくらいに大きく見えます。

f:id:jasminetravel:20190521053643p:plain

ちびっこ椰子の木🌴も生えていて南国の雰囲気🏝

f:id:jasminetravel:20190521054648p:plain

10分くらい休憩したら、もう帰る気力がなくなって、タクシーでもいないかなぁと思ったり(いるはずもないし、ランニング姿でタクシーに乗ったら、絶対笑われる!)、バスの停留所はどこだろう?と探したり…しかし気力を振り絞って新木場駅までは走ろうとトボトボ走りました。ちょうど17km。

f:id:jasminetravel:20190521054219p:plain

疲労困憊でした💦

 

1年前はこんな日

jasminetravel.hatenablog.com

土曜日のランニング

前日はフライデーナイト✨ということで、仲良し同期と深酒をしてしまい、朝ダラダラ。走り始めたのは11時過ぎでした。

そして先週末から左大腿筋が痛い…というのも、

先週末走っている時に、膝から下で走るフォームになりがちで、ふくらはぎがどんどん太くなっている(気がする)、もっと股関節を動かして大腿筋を使って走るようにしよう…と意識して走ってみたのです。すると、その後左足の上部の大腿筋周りが痛い。筋肉痛とかではなくて、腱が炎症を起こしているイメージ。

座っている状態から歩き始めるとビッコを引いてしまうくらい。しかし走れないほどでもないので、いつもの隅田川テラス〜浅草方面コースへ。

スタート時間が遅いため、ランナーは少なく観光客が多い。吾妻橋では、昼間営業の屋形船の乗客が列をなしていて、ちょっと恥ずかしい(´∀`*)

身体は重く感じましたが、実際には早朝よりも動きが良いのか走り終わってみると、それなりのペースで走れていました。

日差しは強くなっているけれど、まだ肌をガンガンに照りつけるほどでもなく、爽やかに走れました。

f:id:jasminetravel:20190519090444p:plain

吾妻橋もついに工事に入ってしまいました。

f:id:jasminetravel:20190519090530p:plain

三社祭の提灯

f:id:jasminetravel:20190519090729p:plain

屋形船と水上バスの交差

f:id:jasminetravel:20190519090847p:plain

f:id:jasminetravel:20190519091002p:plain

 

今日も出遅れ気味ですが、これから走ってきます🐾

 

1年前はこんなブログ

jasminetravel.hatenablog.com

上海地下鉄事情

20数年ぶりの上海で驚いたことの1つは地下鉄路線の発展ぶりでした。

今は17号線までできていて(途中、14号線、15号線は現状欠番?)、路線図で見るとこんなに張り巡らされている。Wiki先生によると、号線によって異なる会社が運営しているみたいですね。基本的には、開通した順に1号線、2号線…とつけられているそうです。

ちなみに地下鉄は、中国語では地鉄です。

f:id:jasminetravel:20190518100918p:plain

今回私が一番よく利用したのは、宿泊ホテル直結の2号線。東方明珠タワーの景観を楽しめる陸家嘴駅や外灘の最寄り駅・南京東路駅などがあります。東京の地下鉄と同じように、乗り換え駅も充実しています。ただ、東京よりも乗り換えまでに歩く距離が長い印象でした。

地下鉄の料金

乗車区間によって3元〜9元とのこと。私はQさんの旦那さんが用意してくれたチャージ済みのPASMO的カードを使っていたのでまったく金額を気にせずに乗っていました。東京の地下鉄と同じように、カードの残額が表示されます。

f:id:jasminetravel:20190518101017p:plain

X線検査

ところで、上海の地下鉄、日本のどの地下鉄とも決定的にも異なることが1つあります。それは、乗車の度に手荷物検査を受けること。事前にガイドブックでは読んでいたのですが、いちいち手荷物検査を受けるというのがなかなかイメージできませんでした。実際経験してみると思っていたよりスムーズです。複数設置してある改札機の手前に空港のX線手荷物検査と同じ機械があって、係員が一人付いてサポートしてくれる。ちゃんとモニターチェックをする係の人もいます。

乗客も荷物検査に協力的。スマホだけが入るような小さなショルダーバッグは検査を受けなくて大丈夫でしたが、普通のポシェット大のショルダーバッグは検査対象のようです。夜景を見に東方明珠タワーに行った帰りの陸家嘴の駅は東京の通勤ラッシュ時くらいの混雑ぶりでしたが、それでも大きな混乱もなく、割とスムーズに手荷物検査が行われていました。

前日夜はごった返していた陸家嘴駅のX線検査機。翌朝朝ランの帰りに地下鉄を利用した時にはまだ稼働前で、手荷物検査なしで入れました。X線検査が行われている時間帯はロープが張られ動線が制限されます。

f:id:jasminetravel:20190518095554p:plain

割と小さな荷物までチェックしているので、何が検査対象なのかよくわかりません。雇用の確保なのかなと思ったくらいでした。

こうしたX線検査は、孫文記念館の入館時にも行われました。さすが中国、国に管理(監視?)されていることを実感する瞬間でした。

ホームドア

上海の地下鉄にもほぼホームドアが付いています。しかし中国仕様を感じることも。

通常東京の地下鉄では、先にホームドアが開扉し、その後電車の扉が開くという流れですが、上海では先に電車の扉が開いて、数秒の時間差でホームドアが開く。その間がなんとも心許ない感じでした。開いた扉の前でホームドアが開くのを数秒待つ感じ。閉じる時も先に電車のドアが閉じてその後ホームドアが閉じるので、もしかすると電車の扉とホームドアの間に閉じ込められてしまうケースがありうるのでは?と想像してしまいました。

駅員さん

何度も地下鉄に乗りましたが、ホームで駅員さんを見たのはただの1回。それも日本の駅員さんみたいなユニフォームではなく、パチンコ屋のホール係の人みたいな出で立ち。つまり黒いパンツにベストで、インカムをしているみたいな…Qさんもあまり駅員さんは見たことないし、あの出で立ちもなんだろうね?と言ってました。

改札階には必ずわかりやすい案内で服務処(サービスセンター)があります。言葉がしゃべれないからアレですが、困ったことには対処してもらえそうです。

台北でもあるような何分後に電車が到着するかの表示板

f:id:jasminetravel:20190518102451p:plain

 以上、私が経験した上海地下鉄事情でした。

 

1年前はこんな日

jasminetravel.hatenablog.com

いつかの一人ワイン

先週はオットが出張でいなかったので、地元に3年くらい前にできたワインバルへ。

ずっと入ってみたいと思っていたのですが、なかなか気分がマッチするタイミングがなく…地元駅ではちょっとキラキラしたお店だったので、地元駅に着いてヨレヨレ状態で入るには敷居が高くて。

この日は、席が空いていたら入ってみよう、と覗いた瞬間にお兄さんと目が合い、温かく迎え入れてくれました。

カウンターの端っこの席で🥂

f:id:jasminetravel:20190517072100p:plain

お隣りにはキレイなお姉さんが✨チラ見しかできないけど

お通しはスパニッシュオムレツ的な

f:id:jasminetravel:20190517072308p:plain

2杯目はこちらのビオワイン

f:id:jasminetravel:20190517072437p:plain

撮るのが難しかったおひとり様プレート。おひとり様向けに数種のおつまみがワンプレートに。野菜中心でヘルシー。

他にもメニューによってはハーフサイズができます、と声をかけてくださいました。

f:id:jasminetravel:20190517072542p:plain

赤ワイン

f:id:jasminetravel:20190517072809p:plain

と、

鴨ロースト。ちょっとナマ感が強かった。けど完食。

f:id:jasminetravel:20190517072909p:plain

瞬間スモーク器みたいなのがあって、スモークモクモクの料理を頼んでいるお客さんも。オットor他の誰かと来たら食べてみたい。

お店の方&メニュー的にもおひとり様にも優しいし、お手頃プライスで飲めるので、一人でもまた行こっ!近くにあるたまに立ち寄るワインショップと同系列のお店で、ショップのソムリエさんチョイスのワインが置いてあるとのことでした。