旅とグルメ、日々のこと…

台風欠航による旅程変更(4)片道ビジネス便ゲットと教訓

旅の2日目。シンガポールチャンギ空港での20時間余りのトランジットタイム。

朝ごはんを食べて、JEWEL内のスタバで時間を潰す。

コーヒーのタップがあるおしゃれスタバ

f:id:jasminetravel:20190818182205p:plain

雑味のない美味しいコーヒー☕️2Fの席はゆったり、広々。

f:id:jasminetravel:20190818182314p:plain

台風の影響なので誰のせいでもないけれど、予定通りの旅ができず、少しずつ苛立ちが蓄積する。さらに前日夜、航空会社のラウンジで寝るか、制限エリアの外で過ごすかで軽くもめてちょっと険悪な雰囲気になったオットと私。

なるべく苛立ちを出さないようにはしていたのですが、スタバでさらに険悪に。しばらく1人でJEWEL内をぶらっとしてスタバに戻ると、オットは航空券のリサーチを続けていました。

シンガポール発券のチケットを予約したけれど…

クアラルンプール発券だと、予約していたシンガポール往復に数千円プラスするだけで、片道はビジネス便が取れるとのこと。ほとんど同じくらいの金額で往復プレエコの選択肢もあったのですが、空席が1席しかありませんでした。

前日に予約したシンガポール往復便をキャンセルし、クアラルンプール⇄羽田を予約しました。併せて、マレーシア航空のシンガポール→KL便も予約。

結局今回の旅程はこうなりました。太枠線が代替便

f:id:jasminetravel:20190818152139p:plain

シンガポール⇄羽田をKL⇄羽田に変えて2人で+3000円余りで片道ビジネスクラスになりました。払い戻し手数料は@5000円。年末のチケット(復路)もゲット

今回、エバー航空台北シンガポールをビジネス便で往復するのをとても楽しみにしていました。それが台風・レキマーの影響でおじゃんに。

台北に行けないこと、旅程が変更になることも残念だったけれど、初めて自腹でビジネス便に乗る夢が破れたことが何よりもブルーな気持ちにさせたのでした。

しかし、このチケットゲットにより、いきなりテンションアップ⤴️✨✨現金なことに、先ほどまでの険悪なムードも一気に吹き飛びました(笑)

旅行の計画(航空券の予約)は、数ヶ月前にすることが多いけれど(特にお盆や年末年始は)、いざとなれば直前でも何とかなるもんだとわかりました。

そして、すぐに諦めたりせず、根気強く探せば結構選択肢はたくさんあることも。

台風による搭乗予定便の欠航により9泊10日の旅程が7泊8日に変更になり、払い戻し手数料や戻ってこない宿泊代、キャンセル待ちをするために無駄な空港往復の交通料等コストも発生し、精神的にも肉体的にも多少なりとも消耗、時間も使ったけれど、それも旅、自己責任だということを身をもって経験できてよかったと思います。

一方で、諦めやすい自分の性格を改めて認識したり…。日常生活ではオットはあまり力を発揮していないような気がしていましたが(仕事はちゃんとやってると信じています😜が)、忍耐力や緊急事態に直面した時の冷静さなど普段見られないところ、そして私にない部分を見られてよかったなぁと思います。

++台風(自然災害)によるフライト欠航の対処・教訓++

#1 航空会社も混乱しており、予約センターなどの電話は繋がらない。空港のカウンターでできることは限られており、結局予約センター等担当する部署でなければ対応できない。航空会社も同じ被害者、無理を言っても始まらない。

#2 欠航になった便は払い戻ししてもらえるので、代替便を自分で手配するか、数日後まで視野を入れて、キャンセル待ちを入れよう。

#3 繁忙期でも新たなチケット入手は何とかなるかも。行き先変更も視野に入れて、諦めずに探してみよう。旅程変更により意外な経験ができたり(空港で一晩明かすとか)、思いがけない場所でトランジットできたり(予定になかったバンコクとKLに立ち寄れました)する。これを旅の醍醐味と考えよう。

#4 台風で欠航になった場合、返金不可のホテルでも交渉次第で返金してもらえるかも。とりあえず交渉してみよう。ただし、直接的に影響しない日程の場合は難しい。

#5 短期間(2泊3日とか)の旅行で日程の変更がきかない場合は潔く諦めて、次の旅行を計画しよう。

+++++++++++++++++++++++++++

台風によるフライト欠航の顛末は以上です。

通常の旅行記に戻ります(๑╹ω╹๑ )

台風欠航による旅程変更(3)タイ航空で出発!成田〜BKK〜シンガポール

台風9号・レキマーの影響で、旅のスタート地点・台北へのフライトが欠航となり、旅程変更を余儀なくされた我々

わずかな望みをかけて羽田空港に出向くもキャンセル待ちは叶わず

1日遅れてタイ航空で、バンコク経由シンガポールに向かいます。

お盆休み初日で道路の渋滞が気がかりだったけれど、T-CATから成田までのリムジンは順調で65分で到着。

シンガポールのホテルが決まっていないことだけが気がかり。当日手配だと高くて手が出ない…

朝だけど、とりあえずシャンパンだけは飲んでおこう🍾

f:id:jasminetravel:20190818163927p:plain

ヘルシーにサラダなんかもつまみながら。

f:id:jasminetravel:20190818164031p:plain

定刻どおり出発🛫

f:id:jasminetravel:20190810192627j:plain

機内食:タイ航空だけに、ポークのレッドカレー炒め的な何か。美味しい😋し、機内からタイを感じてテンションアップ⤴︎

f:id:jasminetravel:20190818164311p:plain

15:30 バンコクスワンナプーム空港到着

わーい(*^◯^*)思いがけずタイに来れた。東南アジア好きと言いながら、タイ本土には足を踏み入れたことがない私。バンコク、アユタヤ、スコータイにチェンマイ…行ってみたいところはたくさんあるけれど、今回も空港の空気だけ。

f:id:jasminetravel:20190818164954p:plain

タイに立ち寄った記念に。Duty Freeでアイライナーとバームオイルみたいなのを購入

f:id:jasminetravel:20190818165749p:plain

ラウンジで時間を潰す

f:id:jasminetravel:20190818165600p:plain

19:40発、2h15mのフライトでシンガポールへ。

f:id:jasminetravel:20190818165938p:plain

シンガポール着 トランジットも入れて12時間のフライト。家を出てからは15時間以上。さすがに疲労困憊ですが、15年ぶりのチャンギ空港!こんな風になってるんですね。

知らなかったのですが、空港にできた巨大モールJEWELは今年4月にオープンとのこと。できたてほやほやでした。人工の滝。シンガポールって巨大な何かを作るのが好きな国なのですね。

f:id:jasminetravel:20190818170432p:plain

結局ホテルは決まらないまま。

ちなみに、JEWELでは、航空会社によって、24時間前または12時間前から3時間前まで、預け荷物のアーリーチェックインができます。アーリーチェックインカウンターは23:59まで。我々もこのサービスを利用し、空港に到着してすぐにスーツケースを預け、身軽に過ごしました。

スタッフの人もいますが、基本的にはKIOSKマシンでセルフサービスです。

予約便を選び、パスポートをスキャンして、チケットの発行および預け荷物用のタグを自分でつけて預けます。(羽田空港ANAの荷物預けの要領)

約20時間の長い長いトランジットタイムについてはこちらで

このトランジット中にさらに旅程を変更しました。

続きます。

 

 

台風欠航による旅程変更(2)代替航空券を予約する

8月9日〜18日のマイル修行兼夏休み旅行。

台風9号レキマーの影響で、台北行きのエバー航空が欠航になり、それに伴うリカバリーの記録です。

旅程のビフォア/アフター

f:id:jasminetravel:20190818113526p:plain

+++++++++++++++++++++++++

羽田空港で無情にも台北行きが断たれた我々は、空港でリカバリープランを確定してから家に帰ることにしました。

とりあえず、11日のSQ5356(シンガポール→ペナン)の搭乗に間に合うようにシンガポールに行く便をリサーチ。と言っても、この時私は失望感が強くてやる気が出ず。専らオットが調べてくれました。

お盆の繁忙期かつ直前の航空券予約。エバー航空の払い戻し2便分の金額を大きく上回る航空券は買えない。

結果、Trip.comというOTAサイトで、10日発のタイ航空でバンコク経由でシンガポールに行くリーズナブルなチケット(@84,100/片道)を見つけました(オットが)。

速攻予約そして支払い完了。初めてOTAを利用した我々。Trip.comのサイトでは支払い完了後、発券までにしばらく時間がかかるようで、「すべての予約は保証されています。24時間以内に発券されます。」と表示されたっきり。

いやいや、24時間後には予約したフライトは離陸してますし。

Trip.comは某C国の会社。ネットで評判を検索してみるとネガティブ情報もちらほら。

果たして本当に空席はあるのか、翌日までに発券されるのか、何かだまされやしないか、と疑心暗鬼になる私。

「発券を催促」というボタンをクリックしたりして、数十分待ったところで発券完了。疑ったりしてすみませんでした。タイ航空のサイトでも予約番号が発行され、とりあえず往路便は確保😌

復路便は全日空で8/17シンガポール発→羽田空港着、12/27羽田発→シンガポール着の海外発券にしました(@124,700/往復)。公式HPで予約したので、やきもきすることもなく予約・発券完了。

ようやく旅行再開のメドが立ちひと心地。羽田空港吉野家でランチ。

いつぶりだろう、久々の吉牛🐮いつもにも増して牛丼の美味しさが身に沁みる〜。

f:id:jasminetravel:20190818153816p:plain

結局夏休み初日は羽田空港で朝8時から14時頃まで過ごし、もはや空港でやることもなくなったので、帰ることに。

無駄に羽田空港往復してしまいました。重いスーツケースを転がして家に帰りました。明日は10:50成田発でいよいよシンガポールに向け出発!!

++この時点でのフライト予約状況はこちら++

f:id:jasminetravel:20190818154448p:plain

 

 

 

 

無事に帰国!と台風欠航による旅程変更(1)

土曜日の深夜無事に帰国しました。

引き続き旅行記を続けたいと思います。お付き合いいただけたら嬉しいです😄🙏

+++++++++++++++++++

思い起こせば10日前、正確にいうとエバー航空の台風欠航が決まった11日前。

楽しみにしていたお盆の旅行の直前に旅のスタート地である台北に飛べない(・・;)ところからスタートしました。

これが短期間の台北だけの旅ならば、泣く泣くキャンセルも考えたのですが、ペナン、シンガポールを含め10日間の旅程を組んでおり、かつ、ほとんどのホテルを返金不可の予約にしてしまっていたので、10数万円の宿泊代+エアーチケットの払い戻し料を捨てるか、何とかしてバックアップするか、この選択を迫られました。

++旅程++

f:id:jasminetravel:20190818113526p:plain

赤字はビジネス便

しかも今回はオットのマイル修行ということで、事前にいろいろリサーチし(オットが)、リーズナブルな桃園⇄シンガポールのビジネス便を予約しており、初の自腹でのビジネス便を楽しみにしていました。

ということで…

〜Back to 8月8日(木)〜

前週末にフィリピン沖で台風の卵ができ、進路的に台湾直撃?と予測されていました。それから毎日、気象庁の台風情報やら 米軍のアジア・パシフィックエリアの台風情報(JTWC)をウォッチング。これまでの人生で、台風についてこれほど調べたことはありませんでした。ましてや台風の名前(台風9号・レキマー)を覚えるなんて。

もし台風で欠航になっても、台北発便も予約しているし、航空会社も何とかバックアップ策を提示してくれるだろうと、まだこの時は楽観視してました。

そして、8月8日ついにその時が。

f:id:jasminetravel:20190818115758p:plain

エバー航空のSMSサービスによるキャンセル通知。ここからが始まりです。

フライトのキャンセル通知がきただけ。これからどうすれば良いのか。払い戻しはどうなるのか、11日の台北シンガポール便までに台北に行く術はあるのか?

オットが繰り返し予約センターに電話をするも話し中。そうこうしているうちに営業時間終了のアナウンスに切り替わり…orz 

19時頃エバー航空から電話がありました。

・キャンセルになったのは我々の搭乗予定便のみ

・当日及び翌日の他の時間帯のフライトは満席。キャンセル待ちは入れておくが、必ずしも11日のシンガポール便までに台北に行けるかはわからない。

・当該便についてはほぼ満額の払い戻しはするが、仮に11日までに台北に行けなくても、台北シンガポール便については、キャンセルの場合は通常の払い戻し料がかかる。

・台風(自然災害)欠航のため、他社便への振替はできない。

とのこと。

とりあえず、9日、10日のキャンセル待ちを入れてもらい、9日朝は我々の予約より1便早いフライトのキャンセル待ちに望みをかけるべく、8時に羽田空港着。

お盆期間中で予約だけで満席の状態で、キャンセル待ちが出る可能性が低いこと、オットはスターアライアンスゴールドメンバーなので、キャンセル待ちの優先権はあるのですが、十分にキャンセルが出ない場合、私は優先扱いはできないためオットと別便になる可能性も伝えられました。その場合は搭乗しないと伝え、かなり望みが薄い中、キャンセル席の有無が確定する10時まで待ちました。

そして、運命の10時。結局、キャンセル席は出ず、台北行きは諦めることに(>_<)(>_<)

波乱の旅の始まりです。

→→→続きます。

 

シンガポールで旅ラン10km

金曜日、夏休み旅行の実質的な最終日(土曜日はフライトのみなので)。

この旅行で初のちゃんとした旅ラン🐾

シンガポールは、場所にもよると思うのですが、基本的には車用の道路がメインで、あまり歩くことが想定されていないよう。信号も多いので、ランニングにはコースを選ぶようです。

ラッキーなことに我々のホテルからはシンガポール川沿いにマーライオン公園までほぼ信号なしで行ける!!信号はホテルを出たところに1つだけ。

ということで走ってみました。

日が昇る前は風も吹いていて湿度も高くなく、この時期の東京より全然走りやすい。

朝のボートキー周辺

f:id:jasminetravel:20190817135508j:image
走っている人もちらほら。

夜は飲食店街となるこのあたり、さすがシンガポール、ゴミなど落ちておらずきれい!清潔。カラスもいない。

ゆっくりリラックスして、ところどころで立ち止まり写真撮影などしながらのランニング。

f:id:jasminetravel:20190817140403j:image

マリーナベイサンズが見えてきました。

f:id:jasminetravel:20190817140506j:image

マリーナエリアには向かわずにマーさんに向かって走る。

f:id:jasminetravel:20190817140603j:image

朝も昼も夜も関係なく水を出しつづけるマーさん🦁

前日とは異なり、朝は人が少なく写真も撮りやすい。ここまでで約5km。旅先で走っているせいか快調。マリーナベイサンズまで河口を一周してみようという思いにかられ、1周してみることに。

f:id:jasminetravel:20190817141358j:image

いろんな角度からマリーナベイサンズを楽しむ。

日も昇ってきました。

f:id:jasminetravel:20190817141610j:image
f:id:jasminetravel:20190817141622j:image
f:id:jasminetravel:20190817141522j:image

そして再びマーさんの元へ。マーライオン公園からマリーナベイサンズに向かう1周は3kmちょっとのようです。

f:id:jasminetravel:20190817141534j:image

帰りも川沿いをのんびり。

途中セブンイレブンで水分補給
f:id:jasminetravel:20190817141550j:image

のんびり走ったからか10kmの割に東京を走るよりきつくなかった。ホテルまででちょうど10km。
f:id:jasminetravel:20190817141559j:image

シンガポールの暑さは体感していたのの1.5倍増しくらいをイメージしていたのですが、真夏の東京から来ると、朝晩は特に過ごしやすく、ランニングにも適しています。ただし、日中の日差しの強さはハンパないです。

短い滞在で1回しか走れなかったのが残念。もっと旅ラン楽しみたかった😢

 

 

シンガポールでチキンライス食べ比べ

夏休み旅行もあと2日を残すのみ。終盤です。

序盤のハプニングは嘘のようにその後旅は順調に進行しています。

木曜日、私としては(おそらく)15年ぶりのシンガポール。今年3月下旬にひとり旅を予定していたものの、事情があってドタキャン。幻のシンガポール旅行となったのですが、今回はハードルを乗り越えてついに入国✨

この旅2度目のチャンギ空港

f:id:jasminetravel:20190816074952j:image

入国手続きに少し並びましたが、無事に15時過ぎにホテルにチェックインし(ホテルについてはまた永遠に続く旅行記で😆)、ひと休みしてからご飯を食べに行きました。

今回シンガポールで食べたいと思っていたのは、ド定番ではありますが、チキンライス(海南鶏飯)、フィッシュヘッドカレー、肉骨茶です。肉骨茶はすでに食べたので、チキンライスを食べにチャイナタウンにあるMaxwell Food Centerへ。ホテルからブラブラしながら40分ほどで着きました。

周囲は工事中でしたが通常営業

f:id:jasminetravel:20190816072646j:image

17時頃、店じまいをしているお店もありましたが6〜7割はオープン。

f:id:jasminetravel:20190816075032j:image

ガイドブックに載っていた有名店・天天海南鶏飯で。お昼時は混むようですが、行列もなくすぐに購入できました。

天天海南鶏飯

f:id:jasminetravel:20190816073551j:image

シンガポール一食目。夕方で微妙な時間だったので、とりあえず2人でシェアして、また移動して別のものを食べよう、と思ったのですが、中途半端に食べたら火がついてしまい…

チキンライス食べ比べ

f:id:jasminetravel:20190816073715j:image

そして、サイドディッシュにビールまで。完全にがっつりいってしまいました。

阿仔海南鶏飯

f:id:jasminetravel:20190816073824j:image

お味のほうは…最初に食べた天天のほうがお味が上品な感じがしました。

2軒目の阿仔海南鶏飯は少ししっかりしたお味。どちらも嫌味のないあっさりしたチキンライスで激ウマです。

阿仔では、鶏の内臓を湯がいたものともやしのサイドディッシュをオーダー。丸鶏をおろしているだけあって、新鮮で臭みなどゼロ。さっぱりしたお味ですがビールに合います。

チキンライスのお値段はお店と大きさによって異なりますが、私たちがいただいたもので260円と400円弱。これだけ丁寧に作られたものがこのお値段なので感謝です😌

 

 

ペナン島・ホーカーズで夜ご飯

ペナンには4泊(ジョージタウンに1泊、バトゥーフェリンギに3泊)しました。

バトゥーフェリンギでは3回夕食のチャンスがあったのですが、初日はホテルのラウンジでのカクテルタイムでお酒を飲んで、軽くスナックをつまんで部屋に戻ったら2人とも疲れていたのか、そのまま寝てしまい、夕食を食べそびれてしまいました。

ということで、バトゥーフェリンギでの夕食は2晩。どちらもホテルから徒歩7〜8分のところにあるホーカーズ(屋台村)・ロングビーチカフェで。観光客向けのホーカーズで、マレー、中華、インド、ローカル、ピザ、シーフードなど20店舗くらいのお店が並んでいます。

f:id:jasminetravel:20190815064627j:image

1日目はオープンしたての18:30頃 まだ空いてます。

f:id:jasminetravel:20190815064659j:image

2日目の20時頃、結構賑わっています。

f:id:jasminetravel:20190815071741j:image

2日間で食べたのはこちら

f:id:jasminetravel:20190815070143j:image

左上から右回りに。

フライドオイスター:片栗粉と卵?でベビーオイスターを炒めたもの。スイートチリソースが付いていますが、胡椒が効いていてチリソースを付けなくてもビールに合う。

チャークェティオきしめんのような少し平たい麺を卵、もやし、にら、練り物、海老などと炒めたしょうゆ味っぽい焼きそばみたいなもの。初めてクアラルンプールに行った時、最初に食べたマレーシアでの味がこのチャークェティオでした。日本人の口に合います。そしてビールにも合います。

肉骨茶シンガポールで食べた肉骨茶とは似て非なるもの。シンガポールで食べたのは胡椒が効いていて、スープが澄んでいましたが、こちらはより漢方(スターアニスとかシナモン?)の風味が強く色も褐色。具材もブロック状のお肉に厚揚げなどが入っていました。

イカ焼き:普通にイカ焼き。ライムが効いたソースとお醤油ベースのソースを付けていただきます。

ホッケンミー:少し汁っけのある焼きそば。海鮮の出汁が出ていてこちらも日本人の口に合います。

なんと総額1300円(食事のみ)!!

ビールが少し高くてタイガービールの大瓶が1本500円近くしますが、それでもリーズナブル。

バトゥーフェリンギにお泊りの際にはぜひぜひこちらでお食事を。

f:id:jasminetravel:20190815070355j:image

簡単にオーダーの仕方:

1)まず席を決めます。席にはテーブルNo.が書いてあります。

2)お店に行ってオーダーし、テーブルNo.を伝え、席で待ちます。

3)お店の人ができあがったお料理を持ってきてくれますので、その場で支払います。お釣りがある場合もちゃんと持ってきてくれるので心配はいりません。

4)青いタイガービールのユニフォームを着ているのがドリンク係。飲み物はその人に注文するか、飲み物メニューの下にあるカウンターに出向いて購入します。

※混んでいる時間帯や人気店のデリバリーはやや時間を要しますが、お店のひとはちゃんと覚えてくれていますのでノープロブレムです😊